使い方

クレンジング剤には様々な種類がありますが、年齢肌の方などには刺激が強すぎると敬遠されがちなのがオイルクレンジングです。
界面活性剤が多く含まれていて、とても洗浄力が強くメイクを浮かせて汚れをしっかり落とすことができるというメリットがあります。
しかし、肌に必要な皮脂まで落としてしまって、肌に負担がかかってしまいます。
濃いメイクをした時に洗浄力の弱いクレンジング剤を使って、汚れを肌に残してしまったり、いつまでもゴシゴシクレンジングをするよりも、オイルクレンジングでサクっと一気に落としてしまった方が、肌への負担はとても軽くなります。
臨機応変にクレンジング剤を使い分けて、上手にオイルクレンジングを利用していくのが大切です。

年齢と共に肌の状態も徐々に変わってきます。
若い頃はTゾーンのテカりが気になっていた方でも、年を取るたびにだんだんと肌が乾燥してくるようになります。
これは、肌のバリア機能が弱まっていることに関係しています。
肌には皮脂やNMF、細胞間脂質という潤いを逃がさず、外からの影響を受けないように肌を守る機能があります。
その成分が加齢によって減少してしまって、水分が逃げやすくなってしまいます。
細胞間脂質の主な成分がセラミドで、これが減少することによって表皮の細胞の間にすき間ができるようになり、水分が蒸発しやすくなり紫外線による影響を受けやすくなるのです。
乾燥を防いでしっかりと保湿をするためにも、セラミドが配合された化粧品を使用してスキンケアを行なうのが大切です。